朝は地域の子供が声で目覚め、
昼はまちの歴史を感じることのできる田園風景を眺めて、
そして夜は地域の常連さんが集まるお店で夕飯を取り、じわじわと日常に溶け込んでいく。

いつもの忙しい日常から離れて、また別の日常を谷保で見つけてみて下さい。
そして、いつのまにか、また谷保に帰りたくなっている。
ゲストハウスここたまやは、そんな宿を目指しております。

previous arrownext arrow
Slider

体験プラン(オプション)

Experience

ここたまやでは、宿泊とセットになったお得なパケージを予約することができます。
楽しみ方はお客様次第。自分にぴったりな過ごし方を見つけましょう。

畑でBBQプラン

スタッフがBBQの準備から片付けまでアテンド致します。宿泊のオプションとしてのご利用はもちろん、宿泊予定のない方でもBBQだけのご利用が可能です。

学生アテンドツアー

都内で見つける、あしもとの非日常
2020年5月、国立駅に、大正ロマン漂う旧駅舎が戻ってきました。学園都市から田園都市まで・・・歴史と文化かおる国立と谷保を堪能します。

採れたて野菜の朝食プラン

日常にちょっと特別な朝ごはんの思い出を。
遠くに行きづらい今の時間も、あなたのかけがえのない1日。
そんな素敵な1日のはじめに、ちょっと特別な朝ごはんを、はたけで楽しんでみませんか?

谷保とここたまや

Local Community

ZFRuqlEgKB8zNDL1624182584 (1)

1100年以上の歴史をもつ谷保天満宮を中心とした、豊かな田園地域だった国立市谷保。

街は広がり田畑は少なくなりましたが、
かつての農村らしい風景と多種多彩な文化が混じりあい
独特な田園都市としての魅力を紡いでいます。
(イラスト:五味健悟 https://tokyo-yabo.com/ より)

谷保とここたまや

Local Community

ZFRuqlEgKB8zNDL1624182584 (1)

1100年以上の歴史をもつ谷保天満宮を中心とした、豊かな田園地域だった国立市谷保。

街は広がり田畑は少なくなりましたが、
かつての農村らしい風景と多種多彩な文化が混じりあい
独特な田園都市としての魅力を紡いでいます。
(背景イラスト:五味健悟 https://tokyo-yabo.com/ より)

わたしたちのこと

About us

きら

3代目代表 きら

初めまして、代表の吉良です!
自分はここたまやの運営を通じて、国立・谷保の日常に潜む魅力を皆さんに伝えていきたいと思っております。是非一度まちの日常に溶け込みに来てください。


一橋大学商学部(現在休学中)。関心分野は、経営・地方創生。茨城県出身。元野球部。

アクセス

Location

住所 東京都国立市谷保4372-1

最寄り駅 JR南武線 谷保駅(駅から徒歩6分!)


東京駅発   東京駅→立川駅→谷保駅(JR中央線→JR南武線)

新宿駅発   新宿駅→立川駅→谷保駅(JR中央線→JR南武線)

新宿駅発  新宿駅→分倍河原駅→谷保駅(京王線→JR南武線)